ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  1. ホーム
  2. 無痛分娩について

無痛分娩について

はじめに

 日本では、まだまだ認知度の低い「無痛分娩」。これは、ママの背中の硬膜外腔というところに管を入れ、そこへ麻酔薬を注入し分娩時の過度な陣痛の痛みを取るというものです。ママもリラックスしてお産にのぞめ、麻酔により、子宮口の筋肉も緩むので、スムーズに短時間でお産を進めることが出来ます。

いのうえ産婦人科

無痛分娩のメリット

その1 陣痛の痛みが軽くなる
痛みの感じ方は人それぞれですが、自然分娩とは比べものにならない程弱いものなので、ママは楽に耐えることができます。
その2 分娩時間が短い
痛みを取り除くことで、子宮や産道の緊張が緩むので、子宮口の開大が早く、お産の進みも早くなります。
その3 産後の体調の回復が早い
痛みが軽く、分娩時間も短いので、ママはリラックスしてお産に臨め、産後の体調の回復も早いといわれてます。
その4 赤ちゃんがとても元気
痛みが少ない分、ママもリラックスできるので、陣痛と陣痛の合間は子宮の筋肉がやわらかく、赤ちゃんに十分な酸素を送ってあげることができます。そのため、生まれてくる赤ちゃんは、スーパー元気です。

無痛分娩に関するよくある質問

麻酔すると、意識がなくなるのでは・・・・・

当院では硬膜外麻酔という方法をとっています。

この方法の場合、麻酔が効いているのは、おへそから太ももの辺りまでなのでママの意識ははっきりしています。ママは赤ちゃんの産声を聞くことができるし、痛みが少ない分、冷静に自分のお産と向き合うことが出来ます。

赤ちゃんに麻酔の影響はないの?

痛みなどの感覚神経だけをブロックして、赤ちゃんへの薬の影響が少ない局所麻酔薬を使うので、ほとんど心配ありません。

痛みってどのくらい?

麻酔をすることで、陣痛の痛みがまったくなくなるわけではありません。硬膜外麻酔は、濃度の低い麻酔を使用し、ある程度の痛みと感覚を残しています。ママは、陣痛の感覚を感じる事が出来るし、いきむ時は自分の力で行え、赤ちゃんが出る寸前のズルっとした感覚も感じとることが出来ます。

費用は普通のお産と比べてどれくらい違うの?

当院では、硬膜外麻酔の処置料がプラスされるので、5万円加算されます。

無痛分娩で産んで、母性愛が生まれるのか心配・・・・

全身麻酔で、意識がないまま出産するわけではありません。

痛みは少ないですが、ちゃんと陣痛の波を感じて、自分でいきんで生むのですから大丈夫です。また、ママの体力の消耗が少ない分、出産後にすぐに赤ちゃんを抱きしめ、あやし、おっぱいを吸わせる元気があるので、母親としての自覚は十分でてきます。